• 日本語
  • English

(日本語) 蜂に刺されたら?痒み痛み腫れへの対処はどうしますか?~市販薬を使う治療法、野山へお出かけ時の対策~

Tuesday July 24th, 2018

今回は依頼記事です。

同じラボの23歳男性 (以前爪楊枝を飲んだ彼です!)

「蜂に二か所さされました、アシナガバチだと思うんですけど…足首と臀部を刺されて。臀部は毒抜きできたので軽症なんですけど、足首が腫れまくってて痛くて寝れないです。」
彼は、山中を走るスポーツをしてるので、今回刺されてしまったみたいです。

 

蜂に刺された時の治療と対策

今夏休み

Check Point!!
・毒抜き、抗ヒス、外用ステロイドで症状を緩和
・蜂刺され多い時期は春夏秋とほぼ年中

 

 

適切な治療や対策

毒抜きが最重要です

今回刺された後輩は、サークルの救急箱にこの毒抜き器があったから、臀部の症状は軽症で済みました。
子供がいる方など特に、外出時にこれを持っていることをお勧めします。

抗ヒスタミン薬の服用

これは裏技のようなものですが、
「虫に刺されました。痛いです。かゆいです。」と病院に行くと、アレグラのような、抗ヒスタミン薬の内服薬が処方されることがあります。
抗ヒスの特性から、刺された後だと少し遅いですが、効果がないというわけではないので服用となります。

市販されている抗ヒスです。

市販薬にもこんな感じに、入手しやすい抗ヒスはありますが、この市販薬の使用目的はあくまでも「鼻炎などのアレルギーに対する使用」です。
使用して副作用が起きても自己責任ですので、ご了承ください。

ステロイド外用剤の塗布

ほにゃ

蜂毒を科学的に分析してみましょう。

Science Point!!
・!