chemistry, basic knowledge, pharmacology

Sorry, this entry is only available in Japanese.

薬剤師国家試験では、エチルシステインとカルボシステインの作用機序が良く出題されます。

カルボシステインは気道粘液 ...

basic knowledge, pharmacology

Sorry, this entry is only available in Japanese.

サルファ剤は、スルホンアミド(sulfonamide)系の合成抗菌薬です。

1932年にアゾ染料のプロントジルに ...

レビュー, pharmacology

Sorry, this entry is only available in Japanese.

降圧薬の正しい選び方

降圧薬といえばARB, ACEI, CCBなどいろいろな選択肢がありますよね。

しかし、これ ...

pharmacology

Sorry, this entry is only available in Japanese.

降圧薬の正しい選び方
・ARBの正しい選び方
・ACEIの正しい選び方
・CCBの正しい選び方 ←こ ...

pharmacology

Sorry, this entry is only available in Japanese.

医療機関ではよく使用されるβラクタム系抗菌薬についてまとめてみます。

β-ラクタム系抗菌薬の特徴

抗菌薬の中でも、 ...

pharmacology

アレルギーの治療に使用される薬の作用機序に基づいて分類すると、
抗ヒスタミン薬(H1ブロッカー)
メディエーター遊離抑制薬
トロンボキサンA2合成酵素阻害薬
ロイコトリエン拮抗薬
Th2サイトカ ...

pharmacology

β遮断薬(βブロッカー)は、交換神経系の受容体をターゲットとするため、効果が多岐にわたります。
高血圧、狭心症、不整脈が主に挙げられます。しかし、β受容体は糖代謝にも関与していることから、使用する上でいくつかの注意点があります ...