(日本語) カフェインの作用機序・吸収・薬物動態

Sorry, this entry is only available in Japanese.

[記事作成中]

カフェインは薬学において非常に重要な成分です。医薬品として利用されることもさながら、コーヒーや緑茶など生活の中にもあふれている化学物質です。カフェインについては、非常に多くの記事が公開されていますが、それぞれで言いたいことが述べられており、学術的な文献が引用されていないものが非常に多いです。そこで、そのカフェインについて文献を検索し薬理作用や体内動態などをまとめました。

 

カフェインの作用機序

カフェインの作用機序といえば、知られているのが血管への影響です。薬学を学んだ年代にもよるかと思いますが、私はホスホジエステラーゼ(PDE)の阻害として学習していました。しかし最近はいろいろなことが分かっているようです。

 

非選択的アデノシン受容体遮断

日常生活で問題になるのはこの作用です。

 

非選択的ホスホジエステラーゼ(PDE)阻害 [高用量]

 

 

 

カフェインの吸収

お茶とコーヒーでは、カフェインの吸収量が異なります。

 

 

引用文献

  1. 日常生活の中におけるカフェイン摂取―作用機序と安全性評価― 栗原 久 先生
  2. カフェインが関与する相互作用(日経DI) 嶋本 豊、杉山 正康(杉山薬局[山口県下関市])