化学,基礎知識

共役二重結合

 

その他の共役結合超共役

超共役は、二重結合と単結合間で見られる共役結合です。専用の記事もあります→超共役とは?

 

スピロ共役(spiroconjugation)

一 ...

基礎知識,実務-その他,病理,症例・事例の科学

「下痢の時に、お尻が痛い!!」そんな経験ございませんか?

下痢の時って、別に血は出ていないのに、「切れ痔か?」というほどの痛みがあると思います。

今回の記事ではその原因について言及してみたいと思います! ...

基礎知識,実務と薬,症例・事例の科学,薬理

質問を受けましたので、簡潔にまとめます。

今回の質問は、

「乳び胸の治療でサンドスタチン(一般名:オクトレオチド)を使用するんだけど、理由は?あと副作用で消化器症状が出るのはなぜ?」

というものです ...

化学,基礎知識

[本記事は、まだ執筆途中です。他記事の参考情報に使うためだけに、とりあえず簡単に書いています。ご容赦ください。]

 

難溶性の塩といえば、アルカリ土類金属塩が多いですが、今回は塩が溶けにくくなるメカニ ...

化学,基礎知識,薬理

薬剤師国家試験では、エチルシステインとカルボシステインの作用機序が良く出題されます。

カルボシステインは気道粘液中のムコタンパクのジスルフィド結合を開裂させる

この問題文時々見ますよね?正解は✗です。

化学,基礎知識

薬学部に入って有機化学を学び始めると登場する、最初の壁だと思います。

電子求引基と電子供与基

の簡単な理解方法を解説します。

ということは、多くの人が理解できている

のですが、

コラム,基礎知識

薬剤師の国家試験模試でもよく、資料のタイプについては出題されますが

私が学生の時代は、「そんなことどうでもいい」という感じでした。

これの大切さを知り始めたのは、論文を読むようになってからでしたね。

基礎知識,薬理

サルファ剤は、スルホンアミド(sulfonamide)系の合成抗菌薬です。

1932年にアゾ染料のプロントジルに抗連鎖球菌活性が見出され、利用されるようになった抗菌薬です。

サルファ剤の種類

プロントジル

レビュー,薬理

降圧薬の正しい選び方

降圧薬といえばARB, ACEI, CCBなどいろいろな選択肢がありますよね。

しかし、これらはどのように使い分ければいいのでしょうが?

・ARBの正しい選び方
・ACEI

化学

 医薬品の名前にはステム(幹)というものがあります。

薬学で医薬品について学習された方であれば、医薬品の成分名には共通項があることを知っていると思います。アトルバスタチン(リピトール)やロスバスタチンのような共通名のことです。

化学,基礎知識,物理化学

 反応座標と計算科学

有機化学をやっていると、よく出てくるのが反応熱を用いた議論ですね。

この熱量で選択性はどうなるのか?
反応は進行するの?

これらを理解するには、次の二点をしっかりと理解することが大切 ...