化学, 基礎知識, 薬理

薬剤師国家試験では、エチルシステインとカルボシステインの作用機序が良く出題されます。

カルボシステインは気道粘液中のムコタンパクのジスルフィド結合を開裂させる

この問題文時々見ますよね?正解は✗です。

化学, 基礎知識

薬学部に入って有機化学を学び始めると登場する、最初の壁だと思います。

電子求引基と電子供与基

の簡単な理解方法を解説します。

ということは、多くの人が理解できている

のですが、

化学

 医薬品の名前にはステム(幹)というものがあります。

薬学で医薬品について学習された方であれば、医薬品の成分名には共通項があることを知っていると思います。アトルバスタチン(リピトール)やロスバスタチンのような共通名のことです。

化学, 基礎知識, 物理化学

 反応座標と計算科学

有機化学をやっていると、よく出てくるのが反応熱を用いた議論ですね。

この熱量で選択性はどうなるのか?
反応は進行するの?

これらを理解するには、次の二点をしっかりと理解することが大切 ...

化学

①超共役

一般的な共役とは、二重結合と二重結合の重なり(p軌道ーp軌道)ですが、超共役は、sp3などの結合を持つ軌道との相互作用です。

軌道のエネルギーは、En=h2n2/8mL2で表されます。注目してほしいのは、L(電子の ...

化学, 物理化学

塩の性質について
塩の性質を知ることは、医学薬学的に実は大きな意味を持ちます。
高校の化学でも出てくるのですが、その重要性が分からずに、よくおろそかにされます。

Check Point!!
・酸性塩 ...

化学

キレート(chelate)とは

多座配位子が、金属と多点で配位結合を形成し、複合体を形成することを言います。

EDTAなどは特に配位点が多く、よく金属を補足します。採血管でカルシウムによる血栓形成を阻害するため ...