• 日本語
  • English

科学で見る症例・事例

2018年06月06日

薬と病気注射剤の配合変化
花粉症の予防・治療と花粉の科学:都会の花粉は危険?

花粉症の予防・治療と花粉の科学:都会の花粉は危険?

花粉症の対策方法や薬物治療について解説します! 理系とーくの方で一般向けの記事を書いていますので、覗いてみてください。 花粉症の予防と、薬の正しい飲み方 ここで書く内容は、医療専門家向けコンテンツになります!! &nbs […]

コメントなし
受験を控える冬場に、必ず知っておきたい!風邪の治し方・予防方法

受験を控える冬場に、必ず知っておきたい!風邪の治し方・予防方法

冬場の代表的な疾患といえば…そう、「風邪」です!医学用語では「感冒」と言われます。 冬は風邪をひきやすい時期でありますが、冬にはイベントがたくさんありますね。 クリスマス、正月、成人式、受験、単位認定試験… 「風邪で人生 […]

コメントなし

アンギオテンシンⅡAT1阻害薬(ARB)の比較、持参薬の代替薬提案方法

降圧薬の正しい選び方 ・ARBの正しい選び方 ←この記事ではこれを解説します ・ACEIの正しい選び方 ・CCBの正しい選び方 ・β遮断薬の正しい選び方 Check Point!! ・心血管イベント予防 テルミサルタン( […]

コメントなし

ニキビの治療と科学

ニキビは医学的には「尋常性挫創」と言われています。 ニキビの治療方法についてまとめてみることにしました。 殺菌療法 外用の抗菌薬である(クリンダマイシンやナジフロキサシン)が外用薬として外から使われ、内服薬のミノマイシン […]

コメントなし

細菌性食中毒

以前に、ウイルス性食中毒について投稿しましたが、今回は細菌性の食中毒について書きます。 細菌とウイルスの違いはご存知でしょうか? 簡単には、それ単体で増殖できるのが、菌であり、人や動物の生細胞に寄生すること増殖するのが、 […]

コメントなし

腸内細菌の科学

いきなりですが、ペットを飼ってますか? 犬、猫、ハムスター、金魚、鯉…いろんなペットいますよね。 でも、もっと身近なところに、すべての人類がペットを買っています。 大きさは、まとめると野球ボール程ともいわれ、重さ約1キロ […]

コメントなし
【注射剤の変化】 遮光が必要な注射剤一覧 光による分解の機構を解説します

【注射剤の変化】遮光が必要な注射剤一覧 光による分解の機構

注射剤って時々遮光しなければならないものや、あらかじめ遮光バッグに入っているものがあります。 国試でも出題されるので、覚えていたりはするのですが、ただの暗記って面白くありません。 そこで、注射剤の中の分解される成分につい […]

コメントなし
メイロン注(炭酸水素ナトリウム注)の使い方ー混合・配合変化編ー生理食塩水(生食)と混合できない理由

【注射剤配合変化編】メイロン注の使い方。生理食塩水(生食)と混合できない理由

「メイロン注(炭酸水素ナトリウム注)を生食に希釈してはいけない理由は??」 という、1件の相談があったので、調べてみました。 この質問を受けたとき、薬局薬剤師である私は、普段注射剤は取り扱っていないこともあり、質問に即答 […]

3 comments

抗真菌感染症薬ミカファンギン(ファンガード注)の遮光がなぜ必要か?その理由は?光による分解を科学的に考察

注射剤の分解の科学として、今回はMCFG:ミカファンギン(ファンガード)の光分解について調べてみました。 ミカファンギン(ファンガード注®)とはどのような薬か?? キャンディン系に属する抗真菌薬です。 Check Poi […]

コメントなし

集中治療室(ICU:Intensive Care Unit)で頻用される注射剤一覧の配合変化早見表

今回は文献の紹介です。ICUでよく利用される注射剤の配合変化早見表を作成した文献を見つけたので紹介します。 特にICUを持つ病院勤務の薬剤師であれば、データとして持っておくべき文献だと思います。 先に配合変化についてまと […]

コメントなし

ダカルバジンの光分解生成物による血管痛と、遮光の必要性について(分解の科学的考察)

臨床でしばしば問題となる、抗がん剤の静脈内投与による血管炎の発生について科学的に考察してみました。 こういう問題があると何かと理由をつけて考えたくなるのが科学者の性ですね。 まず初めに今回紹介するダカルバジンについてです […]

2 comments